音楽専門学校は、音楽を学ぶ事が出来る環境の一つで、実践的な技術が磨ける選択肢になります。音楽大学では、作曲理論や楽器の演奏法を中心としているので、音楽専門学校とは性格が違う傾向があります。
音楽専門学校の最大の特徴は、理論よりも実践に比重が置かれていたり、卒業後に即戦力となれる実力が高まる事です。また、一つの楽器や分野だけではなく、幅広い楽器やジャンル、実践に近い作曲法が学べる利点もあります。音楽の先生を目指したり、楽器演奏のスペシャリストを夢見るのであれば、音楽大学の方が適しているといえます。



しかし、将来的にアーティスト志望なら、音楽専門学校が有力な選択肢になる事は間違いありません。

音楽専門学校を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

ジャンル的にも、それぞれの学校では対応する分野が違い、音楽専門学校はポップスやロックが中心で、音楽大学はクラシックやオペラが主流と考えられます。

勿論、偏りよりもバランスを重視する学校であれば、普段触れる事の少ないジャンルを採り入れたり、あえて文化が異なる音楽を教材に使う事もあります。

音楽大学は入試が厳しく、入学出来たとしても学業をやり遂げなければ、卒業試験に合格する事は難しくなります。

基本も充実した教えて!goo情報のご紹介です。

実力勝負の世界なので、クラスメート同士でもライバルですし、4年間を技術の向上に当てる必要があります。


一方の専門学校は、入学試験が簡易的で、入り口や間口は広げられていますから、気軽に入りやすく仲間と楽しく音楽を学ぶ環境が実現します。

特に大切なのは、卒業するまで無理なく学べる事で、音楽が好きなまま続けられるか否かが選ぶ際の目安になります。